Pocket

アーケードゲーム、とりわけ格闘ゲームの盛衰について非常に 興味深い記事があった。

 

✔格ゲー“暗黒の10年”は、『鉄拳』を世界一売れる格闘ゲームへと鍛え上げた──世界市場に活路を拓いた戦略を訊く【バンダイナムコ原田勝弘インタビュー/西田宗千佳連載】

 

アーケード登場時、最盛期の格闘ゲーム市場を生き抜き、その後のアーケード市場 及び、格闘ゲームの人気減衰とともに色々なアプローチを続けてきた「鉄拳」。

中々プレイヤーが目にする機会のない、制作に関するアプローチの仕方の推移 など、ゲームに興味のない人でも読み応えのある良記事となっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です